DORA麻雀でリーチはかけるべきか?ダマでいくべきか?

カテゴリ:[ DORA麻雀必勝法 ]
0 Comment

DORA麻雀は四人、もしくは三人で競うのですが、実は相手は "メンツ" だけではありません。

「リーチをかけるのか?」

それとも ・・・

「ダマテンで迎え撃つのか?」

この判断の一つとして、卓上に積まれた "残り牌" も関与してきます。

いわば、山を入れた勝負となります。

順位的に狙い撃ちをしたい場合を除き、基本的に面前でテンパイをしたら 「自分でツモること」 を前提にして、リーチをかけるのか?かけないのか?

という状況判断が必要となってきます。


なぜならば、ツモで一役付くからです。

こういった積み重ねも麻雀では大きなファクターとなります。


少し以前ならば 「リーチをかける」 というプレーは、テンパイを宣言しているので「ひっかけ?」か 「ソバテンか?」 などと勘ぐられたり警戒されたりして、ダマテンがプロの中でも主流化していた時代もありました。

また、わざわざ、リーチのために捨て牌に迷彩をかけたがるような人もいました。


こういう麻雀の考え方は "相手の裏をかく" ことに比重が置かれてしまった結末です。

そういった心理戦などに、比重を置くよりも 「いかにメンツよりも先にテンパイしてアガるか?」 という重要性を再認識し、そういったスタンスになってきたので、現代の麻雀ではリーチは大切な役だとされています。


ましてや、特に相手が見えないDORA麻雀では心理戦的な部分はかけにくいので、心理戦を考えるよりも 「リーチは大事な一つの役」 として捉えることをおすすめします。

リーチを行うことにより、相手の足止めができる。

また、裏ドラが乗る期待度も高まるし、もしかすれば一発が付く可能性もあるからです。

こういう考えは少し運に頼り過ぎているのでは?と思うかもしれませんが、麻雀のゲーム性の本質は ・・・

偶然性が高いゲームで、そういった面が麻雀の魅力でもあり本質的な部分となるので、そういった役を上げる確率性も重要です。


偶然性が強いのは、一発、嶺上開花、ハイテイやホーテーなど役としても様々にあります。

また、自分がリーチした時に、追っかけリーチに振り込むのも偶然性で成り立っているのは否めません。

このように麻雀では実力と運も大きな要素となる訳です。
 

もちろん、アガリ牌の残りの枚数が少なくて、山に残されている確率が低かったり、他者の捨て牌からもロンあがりの可能性が少ない時には、リーチはかえないでダマで待機し手変わりがあれば、そうしていった方が良いでしょう。

それらを考えれば、必然的に残りの牌が少ない状況でもリーリにいくかどうかの判断材料となっていきます。

これらのことからも総合的に判断して、基本的にはリーチを行うスタンスで、状況に応じてダマテンをおすすめします。

そして 【待ちの受けが良形の先制テンパイ】 であれば積極的にリーチで攻めましょう!


今度は、リーチをかけない方が良い具体的な例は ・・・

ダマテンで跳満以上ある場合には、点数的には十分ですので、ここはダマで待ち構えてアガれる確率を最優先させましょう!

もちろん点差などの状況にもよります。

跳満でもリーチして攻めるのは、そのメンツの中にオリずに突っ込んでくるタイプのプレーヤーがいれば、リーチをかけても良いでしょう。
 

余談ですが、DORA麻雀が登場直後には、世界中のプレーヤーとのカジノ対戦麻雀がウリでした。

またルールもいくつか選べていましたが、結局、各国それぞれで独立していく形となりました。


実は、DORA麻雀が変化していった背景にも、麻雀のルールの中でも "日本だけの特殊なルール" があるからです。

それは、麻雀のメッカでもある中国でも、その他のアジア圏、欧米でも 「ツモあがりも振り込みも平等に三人が支払う」 というルールがあり、日本ではツモは全員の支払い。

振り込みでのロンあがりは、その振り込んだ人の支払い。

ここに大きな違いがあります。

現在の確立された日本の麻雀ユーザーが 「ロンでも平等な支払い」 では納得できませんからね (笑)

 

タグ:



コメントの投稿



(サイト管理者の承認後に頂きましたコメントが表示されます)

スタートナビ一覧
DORA麻雀ナビ

1分漫画ですぐ分かる
今すぐ分かるDORA麻雀

DORA麻雀の価値
DORA麻雀の価値

定期トーナメント
DORA麻雀トーナメント

最新情報
DORA麻雀キャンペーン最新情報

新規登録無料
DORA麻雀登録
プロフィール
管理人
プロフィール

当サイトへお越し頂きましてありがとうございます。
管理人の"天衣無縫"です。

DORA麻雀が始まった2011年の秋~現在に至って参戦しています。

今は日本人ユーザーが多くバージョンアップやユーザーの声を取り入れてくれるオンライン麻雀ですので、非常に満足しています。

トーナメント・赤ドラ・打牌音・ユーザビリティ・その他♪

普通のオンライン麻雀に満足できなかった時にドラ麻雀を知って以来からずっと遊んでいます。

サイトを立ち上げた理由は、他のDORA麻雀を紹介しているサイトの内容では不十分で内容が薄く、わたくし自身も理解しにくいサイトが多くて困ったためです。

これからDORA麻雀をしたい!その様なあなたの力になるべくドラ麻雀に関して個人的にサポートもしておりますので、まずは安心してご登録ください。

楽しい大人の空間があなたを待っています!

DORA麻雀無料登録
DORA麻雀実践日記
管理人お問い合わせ

RSS情報

DORA麻雀 プレイ画面
日本カジノニュース
日本もカジノへの導入に向けて、積極的な取り組みが行われています。

その中で、現在カジノ法案の行方も強く注目されて、政治も動いています。

日本国内のカジノ法案の動向情報をいち早くキャッチできるのが"オンカジの
カジノニュースです。
おすすめ麻雀漫画
咲 -Saki-
全国高校生麻雀大会での優勝を目指す清澄高校麻雀部と新入部員である宮永咲の物語
※注)楽天市場へ飛びます

麻雀飛龍伝説 天牌
主人公"沖本瞬"は本物の麻雀打ちを目指し大学中退する。新宿の雀荘を渡り歩き、数々の強敵との出会いと戦いを描いている。
※注)楽天市場へ飛びます

哲也 雀聖と呼ばれた男
雀聖と呼ばれた実在の"阿佐田哲也"の青年期のエピソードを漫画化しアニメにもなった人気作品。
※注)楽天市場へ飛びます