理解に苦しむDORA麻雀ユーザーの打ち筋

カテゴリ:[ DORA麻雀実践 ]
0 Comment

今回は、四人半荘戦で、 3/4まで面子が揃っている卓があり、そこへスムーズに入りました。

すぐにプレイできる卓を選んだので低レート卓です。

今日は、ぶっちぎりのトップでした ^^ / (紹介は少し局面順番を入れ替えています)


まずは変則二面待ちの述べ単ですね。

変則二面待ち

1・4ピン待ちです。

軽快に当たり牌が出てきました。

リーチ ・ ドラ1の2翻40符で2600点

アガリで親番を迎える良い流れです。

DORA麻雀

今度は、終盤でテンパイ目指しの鳴き合戦に参加して

喰いタン ・ ドラ3 で、親の4翻30符の11600点ゲット♪

連チャンです。
 

ドラ麻雀

さらに連荘で、11600点。

リーチ ・ ツモ ・タンヤオ ・イーペーコーのリーヅモタンヤオイーペー!


今度は中の2枚目が出たので、二鳴きでサクッと 「中のみ」 の親連。

暴牌


余裕のトップだったので、リーチをかけずにダマテンでのピンフのみ!

ダマテン


今回のDORA麻雀の対戦で、しびれたのが東場のこのシーンの左の南家!

混一色

対面はミエミエのピンズの混一色で、左も同様のピンズ狙い。

右は字牌とピンズに警戒の場面 ・・・

西は第一打で2枚切れているも、もしかすれば後から2枚入って小四喜など放銃しようもんならば、一発で撃沈。

親へのピンズもまず切れない ・・・


この状況に、この後、ピンズを平気で切った南家は親の東家に混一色 (ホンイツ) を見事に放銃!

この局面で平気にピンズを出すのは、さすがに暴牌ではないか???

と思った局面でした。

わたし自身はこの局面で、西 ・ 白 ・ ピンズはまず打てませんね ^^;


左の南家もピンズミエミエで、第一打に西を切っているので、清一色 (ホンイツ)だったのか?

それにしても東場 (半荘戦) から親でもないのに、目の前の小四喜の可能性が0でない対面に対して突っ張る局面だったのか?


ピンズ捨てなので、ピンズしか手元になかたったのかもしれないが、

この南家の打ち方って、字牌があれば二鳴きは全く考慮せずにおかまいなく必ず哭いてきたり、捨てた牌を後からチーしたりと ・・・

本当に計画性がない無計画の行き当たりバッタリの麻雀という印象でした。

この局面の放銃も特に考えている様子もなく、すぐに牌を切っていたので ・・・

やはり暴牌ではないだろうか?と考えた局面でした。

トイレにでも行きたくて勝負を慌てたのかな???

今回はこのユーザーの打ち方が気になってしかたなかったです。

それでは、今回はこのへんで  ^^ /

 

タグ:



コメントの投稿



(サイト管理者の承認後に頂きましたコメントが表示されます)

スタートナビ一覧
DORA麻雀ナビ

1分漫画ですぐ分かる
今すぐ分かるDORA麻雀

DORA麻雀の価値
DORA麻雀の価値

定期トーナメント
DORA麻雀トーナメント

最新情報
DORA麻雀キャンペーン最新情報

新規登録無料
DORA麻雀登録
プロフィール
管理人
プロフィール

当サイトへお越し頂きましてありがとうございます。
管理人の"天衣無縫"です。

DORA麻雀が始まった2011年の秋~現在に至って参戦しています。

今は日本人ユーザーが多くバージョンアップやユーザーの声を取り入れてくれるオンライン麻雀ですので、非常に満足しています。

トーナメント・赤ドラ・打牌音・ユーザビリティ・その他♪

普通のオンライン麻雀に満足できなかった時にドラ麻雀を知って以来からずっと遊んでいます。

サイトを立ち上げた理由は、他のDORA麻雀を紹介しているサイトの内容では不十分で内容が薄く、わたくし自身も理解しにくいサイトが多くて困ったためです。

これからDORA麻雀をしたい!その様なあなたの力になるべくドラ麻雀に関して個人的にサポートもしておりますので、まずは安心してご登録ください。

楽しい大人の空間があなたを待っています!

DORA麻雀無料登録
DORA麻雀実践日記
管理人お問い合わせ

RSS情報

DORA麻雀 プレイ画面
日本カジノニュース
日本もカジノへの導入に向けて、積極的な取り組みが行われています。

その中で、現在カジノ法案の行方も強く注目されて、政治も動いています。

日本国内のカジノ法案の動向情報をいち早くキャッチできるのが"オンカジの
カジノニュースです。
おすすめ麻雀漫画
咲 -Saki-
全国高校生麻雀大会での優勝を目指す清澄高校麻雀部と新入部員である宮永咲の物語
※注)楽天市場へ飛びます

麻雀飛龍伝説 天牌
主人公"沖本瞬"は本物の麻雀打ちを目指し大学中退する。新宿の雀荘を渡り歩き、数々の強敵との出会いと戦いを描いている。
※注)楽天市場へ飛びます

哲也 雀聖と呼ばれた男
雀聖と呼ばれた実在の"阿佐田哲也"の青年期のエピソードを漫画化しアニメにもなった人気作品。
※注)楽天市場へ飛びます