DORA麻雀のレートと場代についての詳細

カテゴリ:[ DORA麻雀のレートと場代 ]
0 Comment

以前の記事でも、ちょくちょくと話に出てきた

DORA麻雀の 「レート」 と 「場代」 の内容となります。


☑ だいたい、いくらくらいお金がかかるの???

☑ どのくらい儲けることができるの???

☑ 最大の掛け金はいくらなの???

☑ その他にお金がかかるの???


そのような疑問にお答えしていく記事となります。

DORA麻雀で必要なお金は ・・・

▼ 賭け金

▼ 場代

とこの2つのみとなります。


DORA麻雀の賭け金 (レート)

dorartih.jpg


DORA麻雀には 「四人麻雀」 と 「三人麻雀」 があり好きな卓を自由に選ぶことが可能です。

そして、さらに

・ 東風戦
・ 一局対戦
・ 半荘

を選び、その中で様々なレート卓でプレイすることが可能となります。


練習卓は無料なのですが、これはユーザーと対戦はできません。

ユーザーとの対戦は賭けてプレイする時のみとなり、練習卓ではコンピューターとの一局対戦となります。

いわば、本当に操作に慣れるために練習です。


掛け金と言われるレートは最低0.5ドル~50ドル以上が用意されています。

最高のレート卓は、現在ならば一勝負で数百ドルといった卓が存在します。


さて、1ドルあたり現在の日本円に換算すればいくらなのでしょうか???

そういう時に便利なのが ・・・

Yahoo! 為替レート 

日本円 JPY と 米ドル USD を参照すればリアルタイムの為替レートが確認できます。


一番安い低レート卓は0.5ドルや1ドルといった卓となります。

0.5ドルレートならば一勝負で数十円を賭けて対戦することができます。

はじめは練習卓で操作を練習した後に、入金をして低レートから始めましょう。

他のユーザーのレベルと同時に自分の強さも測ることができます。


高額レートでは、強い雀士を中心に集まっていますが、中には 「お金がある下手の横好き」 もいるのが現実ですが、麻雀は3~4人で打ちますので、はじめはまず、低レートで勝負して息が長いユーザーを目指したいものですね。


以前の記事でも説明しましたが ・・・

dorargamen.jpg


「賭け金」 の最初左の表示が "掛け金" でその隣の右表示が "保留金" となります。

簡単に言えば、最初に最大の負け金を支払いゲームに参加して、勝負が終われば結果に応じてお金が返還されます。

自分の残金 (持ち金額) が保留金以上なければその卓には参加できません。


最高獲得金額とは、自分以外の全員をハコらせれば獲得できるボーナス金額となります。

卓の名称はDORA麻雀側が準備してくれますので、自分で立てる必要がなく、好きな空卓を選択すれば良いです。

 

【DORA麻雀のレートシステム】
 

通常は、例えば満貫なら8000点など、麻雀は持ち点を争うゲームとなります。

しかしDORA麻雀では 「ウマ勝負」 + 「点数勝負」となります。


「四人麻雀の例」

勝負 (ゲーム) 終了後に、持ち点が多い順番で順位が決まります。

4位が1位へ賭け金を支払う

3位が2位へ賭け金の半分を支払う

場代は最終的に勝ったユーザーが儲けた分の10%~15%の範囲内で勝ったユーザーが支払う。

というシステムとなります。

場代については三人麻雀 (サンマ)などもあり10%~15%という範囲設定があります。


さらに具体的にお話しすると ・・・

「$4 / $8」 というレートの四人麻雀の卓であれば ・・・

賭け金が4ドルで、保留金が8ドルということで、所持金(預け金・持ち金) が8ドル以上なければ参加できません。


ウマ勝負50%  / 点数勝負50% / 勝った分の金額の10%が場代 / そのプラスマイナスが最終的なお金のやり取りとなります。


【ウマ勝負 50%分】

ゲーム終了後に持ち点の多さで1位~4位が決定します。

賭け金は4ドルですので ・・・

4位が1位へ4ドルを支払う

3位が2位へ2ドルを支払う

ということですね。


1位 + 4ドル
2位 + 2ドル
3位 - 2ドル
4位 - 4ドル


仮に ・・・

1位 60,000点
2位 30,000点
3位 10,000点
4位           0点

で四人麻雀の勝負が終了すれば


残りの50%の持ち点勝負の行方は、四人麻雀ならば最初の持ち点が25,000点です。

ですので、25,000点で4ドルと考えます。

最初の持ち点 25,000点 / 掛け金4ドル

25,000点 = 4ドル


1位が60,000点持っているとすれば ・・・

浮いている点数が 35,000点となります。

25,000点で4ドルということは 25,000÷4で、1ドルあたり6,250点

35,000点を6250点で割れば 「 5.6ドル 」 となります。


ウマ勝負の4ドル + 点数勝負の5.6ドルを合わせれば 「9.6ドル」

その9.6ドルから場代10%の0.96ドルを引けば 「8.64」

この "8.64ドル" が1位の最終的に獲得できる金額となります。

もちろん最初の保留金は返ってきます。


今度は2位の 30,000点を計算してみれば ・・・

25,000点で4ドルですので、1ドル6,250点

30,000点から25,000点を引くと、浮いている点数は5,000点

5,000点 割る 6,250点で、0.8ドル

ウマ勝負で獲得している2ドルを足して "2.8ドル"

場代の0.28ドルを引いて 「2.52ドル」 が獲得金額となります。

 

今度は負けの3位と4位では、どうなるでしょうか?

4位は簡単ですね。

ウマ勝負で-4ドル

点数が -25,000点ですのでマイナス4ドル

合計 マイナス8ドル になります。

これは最初の保留金額と同じになり、保留金額以上は負けないということになります。


3位ではウマでマイナス2ドルが確定

持ち点が10,000点でトータル -15,000点

1ドルあたり6,250点なので

15,000点割る6,250点で2.4ドル

マイナスなので -2.4ドル

ウマの負けの2ドルと負け分を合わせれば 「マイナス4.4ドル」となり 4.4ドルの負けとなります。

4位同様に負けユーザーですので、場代の徴収はありません。 

 

【三人麻雀】


それではサンマならばどうなるでしょうか?

ウマ勝負の部分は例えば賭け金が4ドルであれば ・・・

1位 +賭け金 (+4ドル)
2位 プラスマイナス0
3位 -賭け金 (-4ドル)

となります。


点数に関して言えば、三人麻雀の場合には、最初の持ち点が "35,000点" となります。

ですので 「35,000点 = 4ドル」 ということになります。


312.jpg

 

DORA麻雀のルール内容とは? を読む (次の記事)

この記事に関するお問い合わせ

DORA麻雀公式WEBサイト

DORA麻雀登録ページサイト

 




コメントの投稿



(サイト管理者の承認後に頂きましたコメントが表示されます)

スタートナビ一覧
DORA麻雀ナビ

1分漫画ですぐ分かる
今すぐ分かるDORA麻雀

DORA麻雀の価値
DORA麻雀の価値

定期トーナメント
DORA麻雀トーナメント

最新情報
DORA麻雀キャンペーン最新情報

新規登録無料
DORA麻雀登録
プロフィール
管理人
プロフィール

当サイトへお越し頂きましてありがとうございます。
管理人の"天衣無縫"です。

DORA麻雀が始まった2011年の秋~現在に至って参戦しています。

今は日本人ユーザーが多くバージョンアップやユーザーの声を取り入れてくれるオンライン麻雀ですので、非常に満足しています。

トーナメント・赤ドラ・打牌音・ユーザビリティ・その他♪

普通のオンライン麻雀に満足できなかった時にドラ麻雀を知って以来からずっと遊んでいます。

サイトを立ち上げた理由は、他のDORA麻雀を紹介しているサイトの内容では不十分で内容が薄く、わたくし自身も理解しにくいサイトが多くて困ったためです。

これからDORA麻雀をしたい!その様なあなたの力になるべくドラ麻雀に関して個人的にサポートもしておりますので、まずは安心してご登録ください。

楽しい大人の空間があなたを待っています!

DORA麻雀無料登録
DORA麻雀実践日記
管理人お問い合わせ

RSS情報

DORA麻雀 プレイ画面
日本カジノニュース
日本もカジノへの導入に向けて、積極的な取り組みが行われています。

その中で、現在カジノ法案の行方も強く注目されて、政治も動いています。

日本国内のカジノ法案の動向情報をいち早くキャッチできるのが"オンカジの
カジノニュースです。
おすすめ麻雀漫画
咲 -Saki-
全国高校生麻雀大会での優勝を目指す清澄高校麻雀部と新入部員である宮永咲の物語
※注)楽天市場へ飛びます

麻雀飛龍伝説 天牌
主人公"沖本瞬"は本物の麻雀打ちを目指し大学中退する。新宿の雀荘を渡り歩き、数々の強敵との出会いと戦いを描いている。
※注)楽天市場へ飛びます

哲也 雀聖と呼ばれた男
雀聖と呼ばれた実在の"阿佐田哲也"の青年期のエピソードを漫画化しアニメにもなった人気作品。
※注)楽天市場へ飛びます